お問い合わせTEL.06-6924-8868

診療時間のご案内

 
午前
午後

午前 9:00~12:30 ※受付終了時間 12:20
午後16:30~19:00  ※受付終了時間 18:50
休診日:水・土曜午後、日曜・祝日

交通のご案内

大阪市都島区善源寺町2丁目2番22号
善源寺メディカルモール2F
※駐車場もあります。
(スーパーの駐車場と共用です)

電車でお越しの方

地下鉄谷町線都島駅下車
(4、5番出口)、徒歩5分

交通アクセスはこちら

  • TEL

  •    

    MENU

無呼吸症候群の検査・治療について

診療科のご案内

無呼吸症候群Sleep Apnea Syndrome

特徴

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)とは、眠っている間に呼吸が止まる病気で日本の潜在患者数は300万人以上いると推計されていて、Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。
この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼし、気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性がある事です。
高血圧などの生活習慣病との関連もあります。

検査

自宅でも寝る前に簡単な検査装置を装着してデータを収集します。
当院ではSASの簡易検査をしております。

CPAP療法

CPAP療法の原理は、寝ている間の無呼吸を防ぐために気道に空気を送り続けて気道を開存させておくというもの。
CPAP装置からエアチューブを伝い、⿐に装着したマスクから気道へと空気が送り込まれます。

「⿐にマスクをつけて空気が送られてくる状況で眠れるものなのか?」と思われるかも知れませんが、医療機関で適切に設定された機器を使い、⿐マスクを正しく装着できているかどうかが重要なポイントです。