お問い合わせTEL.06-6924-8868

診療時間のご案内

 
午前
午後

午前 9:00~12:30 ※受付終了時間 12:20
午後16:30~19:00  ※受付終了時間 18:50
休診日:水・土曜午後、日曜・祝日

交通のご案内

大阪市都島区善源寺町2丁目2番22号
善源寺メディカルモール2F
※駐車場もあります。
(スーパーの駐車場と共用です)

電車でお越しの方

地下鉄谷町線都島駅下車
(4、5番出口)、徒歩5分

交通アクセスはこちら

  • TEL

  •    

    MENU

咳喘息等せきの症状・発作治療なら

こんな症状が出たら

咳が止まらないCough

感冒(⾵邪)の後、2週間以上咳が続く…

そんな症状は、咳喘息である可能性が⾼いです。

咳喘息

咳喘息は⾊々な原因により慢性的な気管⽀の炎症を起こし発症します。
気管⽀喘息の様に気管⽀の狭窄はなく、呼吸困難などはありませんが、放置していると気管⽀喘息に移⾏する場合があり、早めの治療が必要です。
普通の咳⽌めでは効果がなく、吸⼊ステロイド薬や吸⼊気管⽀拡張薬の治療が必要です。吸⼊薬は携帯でき⾃分で簡単にできます。短期間使⽤の場合、内服と異なりステロイドの副作⽤がほとんどありません。

呼吸器内科外来・咳外来・喘息外来のご案内はこちら 

⾼熱をともなう咳・汚い⾊をともなう痰がでる

そんな症状は、肺炎、マイコプラズマ肺炎、百⽇咳、肺結核の可能性が⾼いです。

肺炎・マイコプラズマ・百⽇咳・肺結核とは

肺炎とは、肺に炎症が起きる病気のことをまとめて肺炎といいます。肺炎は、主に細菌やウイルスなどの病原微⽣物により肺が侵される病気です。特にマイコプラズマに感染した肺炎をマイコプラズマ肺炎といいます。普通の抗⽣物質で効果がないのが要注意となっている原因の⼀つです。
肺結核は、結核菌が肺に感染して、結核病巣ができて起こる肺の病気です。
百⽇咳とは百⽇咳菌によって発症します。⻑期に続く咳を特徴とし、早期に診断することが困難な病気です。

呼吸器内科外来・咳外来・喘息外来のご案内はこちら 

夜間咳で⽬が覚める。呼吸困難がある。ぜーぜー(ヒューヒュー)鳴る。

そんな症状は、気管⽀喘息の可能性があります。

気管⽀喘息とは

気管支喘息は気道に慢性の炎症がおこってしまい、空気の流れが妨げられるという病気です。 気管支喘息は適切な治療をしないと呼吸困難をきたし、重篤な状態になる場合があります。 定期的な発作予防治療をしないと、頻回に症状に苦しむことになりますので、定期的な治療が必要です。 専門医でないと難しいケースもありますので、呼吸器専門医やアレルギー専門医による治療をお勧めします。

呼吸器内科外来・咳外来・喘息外来のご案内はこちら